Teamluckystarメンバーサポートブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

紙にかくこと

いいアイデアが思い浮かんだとき、

とにかく紙に書く!

単純明快なことですけど、
ほとんどの人はこれが身についていないらしい。

紙に書くことのメリットは、

・イメージがより鮮明になる
・課題がみえる。
・記憶に残る。
・プレゼンのたたき台になる
などなど・・・

紙に書かないことのデメリットは

・ぼやけたまんま
・課題がはっきりしない
・数時間以内に忘れる
・周囲にうまく説明できない
などなど・・・

やっぱり、紙とペンはいつも持ち歩きたいですね。


髪の傷み、その本当の理由とは?




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

癒し動画

おはようございます。

今回も動画のご紹介です。
ちょっと季節外れかもしれませんが・・・





.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

元気が出れば・・・

何気なくYouTubeをサーフィンしていて見つけました。





あなたに幸せが訪れますように・・・

サイコサイバネティクス
別窓 | 未分類 | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨

うまくいっていない原因は?

物事やビジネスがうまくいっていないときには
必ず原因があります。

私もドキッとしたことがあったので、下記に紹介します。

どれかあてはまっていませんか?

● 完全主義、理想主義

● さらによりよいものが現れるという確信
  オーディオ製品は日進月歩で、次々と新しい高性能なものが市場に出てくる。
  よりよい製品にあまりにも執着すると、
  彼は結局何も買えないことになってしまうだろう。
  同様に、「さらによいものがあるはずだ」という観念にとらわれると、
  結局、ずるずると決断を引き伸ばし、最悪の場合、決断すること自体を忘れてしまう。

● 自分の想像の中で育てられたものに、とられること
  過去の「素晴らしかったあの人」のおもかげを心に抱いて、
  新しく目の前に現れる異性を、そのおもかげと対比すると、どうなるだろう。
 「過去の素晴らしいこと」は、得てして理想化され
  心の中でさまざまに飾られていくものである。つまりそれは
  もはや現実の世界では求め得ないものとなっていく。
  こうして、現実の世界における決断は、不可能なものとなる。

●「もし失敗したら」と考え、みじめになることを恐れること
  自信のない人で、自責の念の強い人は、
  万が一うまくいかなかったことによって生じる
  激しい自己嫌悪感を回避しようと、決断を躊躇する傾向にある。

● 自分に対して過剰な要求をすること
  過剰な要求(期待)は、かなえられるはずもないがゆえに、
  常に自分に対する非難を自招する。
 「ああすればよかった」「こすればよかった」という
  この自己非難を持ち続けると、正しい判断はできなくなる。

● 何を選択したらよいかわからないこと
  強いストレスの下にあるときに、
  しばしば選ぶものが見えなくなることがある。
  この場合にはストレスが減少するまで決断を延ばすことだ。
  ただし、これを引き延ばしの口実として用いてはならない。
  人は、何の目標も持たないときも、このような状況に陥ることがある。
 「目標を持たない」ということは、それ自体、ストレスでありうるのだ。

● 時間がない、という幻想にとらわれること
  よく考えてみれば、時間はたっぷりあるにもかかわらず「時間がない!」
  という観念にとらわれると、人はパニック状態になる。
  他人から故意に、判断に要する時間を制限されるときも同様である。

● 判断力が低下していること
  心の動揺、絶望的気分のときばかりではなく、
  とても機嫌のよいときも判断力は狂うものである。
  このようなときに正しい判断はできない。
  現実と自分自身の二つの要素を客観的に見ることができない状態にあるからだ。

● 精神統一ができないこと
  注意力、集中力が散漫になっているときは、正しい決断は当然できない。
  まず心を落ち着かせるセルフ・コントロールが必要である


たったこれだけですが、
結構はまりやすくないですか?


別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

体よ静まれ・心よ静まれ

昨日は雨がしとしとと降っていたのですが、

今日は朝からさわやかに晴れています。


ですが、
私は朝から晴れやかな気持ちではありませんでした。

何故かって?


今日は朝9時から歯医者の予約をしていて、
抜歯の日だったのです。


歯を抜かれるのが好きな人なんてこの世に(あの世にも)いるはずないのですが、

今回はレントゲンで撮ったら歯の根っこが割れていて、
しかもその部分に膿がたまっているというので
めちゃめちゃユウウツでした。

麻酔をかけられ、(あんまり効いてない・・・)
抜歯を開始したものの、なかなか取れないらしく、
担当医は苦戦しています。

こうなると、こっちも不安や焦りなど、
マイナスの感情がむくむくと顔を出し始めます。

この感情を感じた時に、
普段からやっていた、リラクゼーションのテクニックを思い出しました。

体よ静まれ

心よ静まれ


やっぱりいつもやっていると違うもんですね。

心の中で言い聞かせただけなのに、
10も数えないうちに
不思議と気分が落ち着き、
呼吸や鼓動も落ち着き、
リラックスした状態を取り戻すことができました。

こうなればしめたもので、
今度は意識をほかのところにもっていき、
やりかけている計画のことを考え始めました。


リラクゼーションのテクニックって

一つだけでも習得しておくと
意外なところで使えるものなんですね。

サイコサイバネティクスを取り入れてよかったな~

と、あらためて思いました。


痛み止めのクスリ、
早めに飲んでおこうっと・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | Teamluckystarメンバーサポートブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。